遺言

遺言の必要性

家族や親族が亡くなられたら、相続が開始します。それと同時に遺産相続に関する問題が出てきます。不動産などの分割しにくい財産について、生前に遺言を作成していない場合、何もしなければ法定相続(相続人全員の共有)となります。相続人全員で遺産分割協議をしてうまく分割できればいいですが、なかなかスムーズにはいかないものです。これは何も、家族の仲が悪いからというわけではありません。家族の仲が良くても、生前に贈与を受けていた相続人がいたり、事業を承継する相続人がいたりする場合など、相続人それぞれについて個別の事情が重なることにより単純には分割できないからです。

相続が開始してからこのような事態が起こることを回避するため、遺言を有効に活用しましょう。遺言は、何もすべての財産について誰に何を相続させるということを決めなければならないわけではなく、「この家だけは妻に残したい。他の財産は全員の共有でかまわない。」という場合でも遺言を作成しておく必要があります。

つまり、遺言を作成しておいた方が良い人とは、「万が一自分が亡くなったとき、法定相続になると都合が悪い財産が1つでもある」人すべてということです。

 

また、一度遺言を書くと財産を使えなくなるわけではありません。遺言に書いておいた財産を使っても、それは使った範囲の部分だけが撤回されたとみなされるだけです。さらに、遺言はいつでも撤回できますし、何度でも作成しなおすこともできます。

 

遺言の種類

遺言は、民法に定められた方式にしたがって作成しなければ、遺言として認められません。

基本的な遺言には次の3種類があります。その長所、短所と合わせてご紹介します。

 

メモ自筆証書遺言

遺言者がその全文、日付及び氏名を自書し、押印することによって作成する。

長所:簡単で費用がかからない

遺言の存在及び内容を秘密にすることができる

短所:紛失、偽造、変造されるおそれがある

方式の不備、内容等について相続人間で争われる可能性がある

相続開始後、家庭裁判所に検認の申立てをしなければならない

メモ公正証書遺言

遺言者が公証役場へ行き証人2人の立会いのもと、遺言を公正証書にして作成する。

長所:方式の不備、内容等について争う危険性が少ない

原本が公証役場に保管されるので変造、紛失の危険がない

検認の手続きが不要

短所:証人2人を立てないといけない(司法書士が証人となることができます)

費用がかかる

メモ秘密証書遺言

遺言者が遺言書に署名押印し、その証書を封じ、これを公証人1人及び証人2人以上の前に提出して必要事項を申述する。

長所:遺言書の存在については明らかにしながら、内容を秘密にして保管できる

自書能力がなくても作成できる

短所:内容について争われる可能性がある

公証役場には遺言書を作成した事実しか記録されないので、遺言書の紛失、

隠匿、未発見のおそれがある