相続

相続対策とは

相続対策とは、将来相続が発生したときのために、今のうちから対策を立てておくということです。

一口に相続対策と言っても、遺言書の作成や相続税の軽減、財産の処分など、さまざまなものがあります。これらを事前に検討しておくことで、将来の相続争いや納税資金不足などを回避することができます。

特に不動産を所有している場合は、相続対策をしておく必要性がより高くなります。

・相続対策をまったくしないうちに相続が発生してしまった場合、所有していたすべての不動産について相続人全員の共有となり、将来売却等するときも相続人全員の協力が必要となりますし、さらに相続人に相続が発生するとその不動産の共有者はますます増えていきます。何代か先には「会ったこともない人と共有」などという事態にもなりかねません。相続人間で遺産分割協議をすればこのような事態は回避できますが、遺産分割協議が円満にまとまる保証はありません。自分の死後の話ですので、分からないわけです。やはり遺言を遺しておいて自分の希望通りに財産を相続させるのが望ましいといえるでしょう。

・また、相続税は現金納付が原則ですから、支払えるだけの現金がなければ、せっかく相続人に遺した不動産を売却せざるを得ない状況になるおそれも出てきます。したがって、相続税の納税分の現金の確保も相続対策として生前にしておくべきこととなります。また、不動産を売却してお金に換える場合でも、普通の商品と違ってすぐに売却できるものではないので、相続が始まってから売却を考えていたのでは遅いでしょう。事前に不動産屋と媒介契約を結んでおいて良い買い手が現れるのを待つ等、相続対策として検討できることがあります。

 

以上は一例に過ぎません。相続対策として検討しておくべきことは100人いれば100通りあります。

当事務所では親身に聞き取りを行ない、遺言書作成および遺言執行の業務を主として、その他できる限りお客様の要望に沿った相続対策ができるように検討させていただきます。

 

お気軽にご相談ください。

 

相続手続きについて

ご家族や親族が亡くなられた場合、、するべきことはたくさん出てくることになります。なかでも生前所有していた財産をどう処分もしくは分配するかに代表される相続手続きについては早急に、かつ慎重に行わなければなりません。

お通夜、お葬式、市役所への死亡届出などが一段落したら、一度相続人全員で集まって話し合うことになるでしょう。ここで相続財産が全部でどれだけあるのかを調査して確定させ、誰がどの財産を相続するかなどを円満に話し合う必要があります(遺産分割協議)。話し合いがうまくまとまったら次は実際にその内容を実現させるために、銀行預金であれば払い戻しの手続き、不動産であれば相続登記の手続き等を行わなければなりません。相続税の納付にも期限があります。

などなど、限られた時間のなかですべきことは山積みです。

このような煩雑な相続手続きについてお手伝いさせていただきます。

もちろん、司法書士は登記のプロですので、不動産の相続登記のみのご依頼もお待ちしています。

また、相続に関するご相談もお気軽にどうぞ。

費用につきましては費用のページをご覧ください。一覧に載っていない費用につきましてはお気軽にお問い合わせください。