任意整理

任意整理とは

現在、消費者金融やクレジット会社の多くは、利息制限法という法律で定められた利率(法定利率といいます。15〜20%)を超える高い金利でお金を貸しています。法定利率を超えた利息分は違法ですので、支払う必要がありません。最近では、法改正の動きに伴い法定利率に利率を改定する業者も見られますが、それ以前の分はやはり法定利率を超える高金利で貸していましたので同様のことがいえます。

任意整理とは、司法書士が依頼者の代理人となり、

1.依頼者とのこれまでの取引履歴を金融業者に請求し、

2.法定利率で返済していれば借入残高はいくらになるのかを計算し、

3.実際に返済すべき金額をもとに金融業者と交渉し、返済計画を確定させる

という手続きです。

 

なお、計算の結果、過払い金が発生していた場合は、過払い金返還請求手続きも併せて進めていくことになります。詳しくは過払い金返還請求のページをご覧ください。

 

任意整理のメリットとデメリット

メリット

任意整理手続きをすると、以下のようなメリットがあります。

�借入残高が減額される

法定利率を超える利息分は払いすぎていたわけですから、法定利率で計算をすれば借入残高は減額されます。実際に返すべき金額が請求されているよりも少なくなるということです。特に、長期(およそ5年以上)にわたって借りている場合は、大幅な減額が期待できます。

返済するどころか、逆にお金を取り戻せるというというケースもあります。(詳しくは過払い金返還請求をご覧ください。)

�金融業者からの請求がストップする

司法書士が依頼者から委任を受けましたという受任通知を金融業者に送ると、以後、金融業者は、依頼者本人へ直接連絡をすることが法律で禁止されていますので、取立てや請求が来なくなります。

�以後発生する利息を支払う必要がなくなる

任意整理手続き開始以後に発生する利息は支払う必要がなくなりますので、返済した分だけ着実に残高が減っていくことになります。

�面倒な手続きを必要としない

取引履歴の請求や返済額の減額、月々の返済額や返済期間など、金融業者との交渉はすべて代理人である司法書士が行いますので、特に書類を集めていただいたり面倒な手続きをしていただくことはありません。

 

デメリット

任意整理を行ううえでのデメリットは、信用情報機関に事故情報として5〜7年の期間登録されますので、その期間内は、今後新たに借入をしたり、ローンを組んだりすることはできなくなります。