過払い金返還請求

過払い金返還請求とは

現在、消費者金融やクレジット会社の多くは、利息制限法という法律で定められた利率(法定利率といいます。15〜20%)を超える高い金利でお金を貸しています。したがって、金融業者から請求されている借入残高は、この高い金利で計算した場合の金額です。これを法定利率で計算し直すと、当然、借入残高が減ることになります。

場合によっては、計算の結果、法定利率であればかなり前の時点ですべて返済が終わって残高が0円になっていることも起こります。このような場合、残高が0円になった以降に支払い続けていたお金は、本来支払うべき金銭ではないので、取り返すことができます。これを取り返す手続きが、過払い金返還請求手続きです。

過払い金を取り返した場合、そのお金を他の借金の返済に充てることもできますので、有利に債務整理を進めることができます。

また、

「昔借りていたけど全額返し終わって現在は利用していない」ような消費者金融などはないですか?過払い金返還請求の時効は10年ですので、過去10年以内に完済していればまだ取り返せます。

 

手続きの流れは、

1.依頼者とのこれまでの取引履歴を金融業者に請求し、

2.法定利率で返済していれば借入残高はいくらになるのかを計算し、

3.計算の結果、過払いが発生していれば金融業者に返還する旨の請求をし、

4.返還額についての交渉をして返還金の支払いを受ける

となります。

 

お気軽にお問い合わせください。