自己破産

自己破産とは

借金が多額で支払いが不能の状態になっている場合に、裁判所に申し立てることによって換価価値のある財産を手放して処分される代わりに、免責の決定が確定すると債務の全額について免除されるという手続きです。

自己破産という手続きは、その響きからかマイナスのイメージが先行してしまいがちですが、むしろ人生の再スタートを切るきっかけをつかむ手続きといえます。

 

手続きは、

1.依頼者とのこれまでの取引履歴を金融業者に請求し、

2.法定利率で返済していれば借入残高はいくらになるのかを計算し、

3.確定した残債務額をもとに書類を作成して裁判所に申立て、

4.裁判所が破産手続開始の決定、免責の決定を確定させる

という流れになります。

 

自己破産のメリットとデメリット

メリット

�免責の決定が確定すると、債務がゼロになる

 自己破産以外の債務整理手続きでは、手続きの終了後、返済が開始するのが原則ですが、自己破産の場合は債務をゼロにしてもらうために申立てをしますので、手続きの終了後に返済すべき借金は当然ありません。

�金融業者からの請求がストップする

司法書士が依頼者から委任を受けましたという受任通知を金融業者に送ると、以後、金融業者は、依頼者本人へ直接連絡をすることが法律で禁止されていますので、取立てや請求が来なくなります。

 

デメリット

�今後新たに借入をしたり、ローンを組んだりできなくなる

信用情報機関に事故情報として5〜7年の期間登録されますので、その期間内は、今後新たに借入をしたり、ローンを組んだりすることはできなくなります。

�書類の収集・作成に手間がかかる

裁判所に申し立てる手続きですので、債務の状況や収入・支出、財産関係等をすべて書面にして裁判所に提出しなければなりません。そのため、書類の収集等にご協力していただくことになります。

�手続きの期間が長い

前述のとおり、書類の収集・作成に時間がかかるうえに、申し立ててから開始決定が下り、免責が確定するまで約半年かかりますので、手続き全体では約半年〜1年かかることになります。

�換価価値のある財産を手放すことになる

売却等によりお金に変えることのできる財産は、基本的に手放すことになります。ただし、生活に必要な家財道具等は処分されません。